MX MasterでWindowsとMacにマルチペアリング

生産性の向上を

テレワークといったら生産性の向上である。現在、私用のMacbook Airは外付けモニターに出力し、Magic KeyboardとMagic Mouseで操作している。しかし、新しい仕事が始まりWindowsを配布されたため、OSの異なる2台のパソコンを1台のモニターで運用する必要が出てきた。

そこでHDMIセレクターを使い、2台のPCを1台のモニターに接続。マルチペアリングができるキーボードとマウスを新たに導入することにした。色々迷った挙句、logicoolのMX Masterシリーズを選んだ。

キーボード

メカニカルキーボードは大学院生でブロガーを始めた頃からの憧れだった。コンサルタントは資料作成も多いだろうから、極上の打ち心地で快適に作業したい。価格は21,120円と高額だが、飲み会を1か月自粛すればいいだろう。

マウス

マウスはLogicoolのMX Master 3。実は前職でも使っていたのだが、専門学校という仕事柄、ボロボロにしてしまった。ボタンはあまり使いこなせなかったが、水平方向のスクロールはExcelの操作に必須。