物件が決まった件

低予算でも港区で部屋を探すために

部屋を探し始めてからおよそ1ヶ月、ようやく物件が決まった。場所は港区白金台。物件探しの条件があれだけ厳しかった私は、振り返ってみると色々と妥協したので、忘れないうちに認めておこうと思う。低予算で高級住宅街に物件を探している皆さまのお役に立てば幸いである。

妥協した点
  • 1K→1R
  • 南向き→東向き
  • トイレ別→洗面所内

妥協点

妥協したのは上記の3点。1つ目は1R。本当は1Kが良かったが物件の選択肢があまりに少なかったので、1Rを許容することにした。結局、間取り的には1Kと同じでドアがない部屋を選んだ。1Rを含めると体感的に倍は選択肢が増える。

2点目は方角。南向きが良かったが、結局(気持ち南寄りの)東向きで妥協した。方角も南に絞ると物件が半分以下になるので、朝日だけは当たる東を許容することにした。ちなみに、向きは良くても日が当たらない部屋があるので要注意。

3点目はトイレ。都内では最近、洗面所にトイレがついているタイプの部屋が非常に多い。これは条件に入れてなかったが、やはり別の方が良いことは間違いない。ただ、選択肢が半分以下になるので、目を瞑るのが無難。

まとめ

ほかにも、シンクの大きさなんかも若干物足りないが、予算がある以上ある程度の妥協は不可避。ちなみに、入居の審査はこれからなので、まだここに住めるかはわかりません。