名刺代わりの10選

SNSで流行っているらしいので私も掲載します。私は大学時代を京都で過ごしたこともあり、森見登美彦を愛しています(1-5)。東京物語は地方から上京してきた男性の人生の話です。私も中高6年を千葉から都内の男子校に通っていたので、東京には憧れがありました。

経済学研究科在学中に自由主義の政治哲学に感化された時期があり、その時に読んだ古典が私の現在を作っています(7-9)。読めば思考のパラダイムシフトを起こすことができると思います。最後の宿命は、ルポルタージュですが、私が人生で最もエキサイトした1冊です。