文系大学院生ブロガーの人生最後の夏休み

エピローグ 七月上旬に大学近くの下宿を引き払い、実家に戻った。今は亡き祖父が使っていた和室の広縁に机を起き書斎を拵えた。外に出る用もないから、一日のほとんどをこの狭い空間で過ごしていた。実家和室で燻っ…

文系大学院生の夏休み、研究とともに

エピローグ 流行り病のおかげで大学側の下宿を引き払い実家に戻ってから二ヶ月、今は亡き祖父が使っていた実家和室の広縁が今の私の居場所である。こんににも細いところにいたら正常な判断などできるわけもなく、多…

このブログの目標

私には憧れの人がいる。大学時代、私が通った大学のミスコンテストのホームページでその女性を見つけたのは、大学三回生の冬である。その女性は、当時から芸能界で活躍していた。すぐさま私は、どのようにしたら彼女…

歩け、夕暮れの京都堀川通り

私は大学時代の四年間を京都で過ごした。とはいっても、「異性との健全な交際、学問への精進、肉体の鍛錬など、社会的有為の人材となるための布石の数々をことごとくはずし、異性からの孤立、学問の放棄、肉体の衰弱…