京都の名銭湯、柳湯でのオモチロイ体験

京都は銭湯の宝庫であり、風情ある街の至る所に銭湯が点在している。私は京都で生活した四年間の大学生活で八個しか銭湯を訪れなかったことを、ブログをやらなかったことの次に後悔している。それでも、数少ない銭湯紀行の中で印象深い経験をしたのでそのお話させて頂きたい。

舞台は京都東山にある柳湯である。三条京阪駅から徒歩三分、鴨川のほど近く、京都市内の中でも特に京都の魅力が詰まったところにこの銭湯はある。柳湯は築90年、町屋風の趣がなんとも京都らしい名銭湯で、夜に訪れると一昔前にタイムスリップしたのではないかと疑うような雰囲気を醸し出している。

左に見えるのはいかにも京都らしい細い路地である。この辺りは細い路地が張り巡らされいるから、迷子になって楽しむことができる。

柳湯は入り口から男女に分かれている。男湯の入り口を入り、番台から降りて常連の仲間と世間話をしていたおじさんにお金を払った。趣ある室内を眺めながら一通り準備を終え、裸になったところでトイレに行くことにした。しかしどうもトイレが見当たらない。

そこで、おじさんにトイレの場所を聞くと、風呂に向かって右側の扉をまっすぐ行くように伝えられた。言われた扉を見つけ、暗い廊下を奥に進むと、畳敷きにこたつが置かれた部屋が現れた。しかし、それだけではない。おじさんがコタツに入ってテレビを観ているではないか!

こちらは驚天動地であるが、おじさんは至って普通だと言った感じで奥にあるトイレを指差している。私はおじさんの入るこたつとテレビの間を通って自宅のトイレを借り、もう一度同じところを通って銭湯に戻ったのである。2019年の話である。

結び

銭湯そのものは魅力に溢れており、銭湯の中だけではなく、脱衣所にまでタイルが敷き詰められているのは珍しいのではないだろうか。柳湯で体を温めた後は、鴨川沿いに足を運び涼むのが良いだろう。爽快な気分で、夜の京都に繰り出すことができるに違いない。