親不孝通りラプソディ

25歳の誕生日。記念すべきアニバーサリーを私は忘れていたのである!前日は22時半まで会社で残業、日が変わり父親に言われてようやく自分の誕生日に気が付いたのだ。

迎えた誕生日の夜。上司が奢ってくれるというのに街はどこも流行病で自粛自粛。飲食店が一つも空いておらず解散したが、あまりにも不憫だからと一緒にいた同い年の同僚と二人、繁華街まで出向き、日が明けるまで祝ってもらった。

居酒屋も閉まり深夜、誰もいない繁華街を抜け私は生まれて初めて日本海を見た。さらにいつの日か、小説の中に読んだ親不幸通りを深夜2時に闊歩したのである。

お母さんお父さん。私はいま福岡で楽しくやっているのです!