年収500万円の港区賃貸探しを考える

港区の賃料は高い

私は年収485万円です。これに残業代とボーナスが加わるのですが、毎月安定的に手元に残るのは315,000円です。そんな私の部屋探しは予算103,000円から始まりました。手取りの30%は95,000円ですが、オフィスが港区にあり、出来るだけ会社の近くに住みたいと考えていたので、さすがに100,000円以上は必要。そこで最初に設定したのが、前職と同じ生活水準を維持できる103,000円だったのです。

前職は給料は安かったですが、入社以来地方勤務で会社が用意したマンションに住んでいたため、家賃を払ったことがありませんでした。毎月212,000円の手取りを一切貯金せず全て使っていたので、今後もこの水準の生活を維持するためには、家賃を103,000円以内にする必要があるのです。

【ホームズ】東京都の地域から家賃相場を調べる|家賃を調べる[目安・平均]なら家賃相場

ところが、都内中心部で探すと103,000円ではなかなか物件がありません。そこで、次に考えた基準が、純粋な手取りの三割に家賃補助を足した110,000円でした。毎月の手取り315,000円のうち23,000円(税引き前30,000円)は家賃補助なので、純粋な手取りの三割に23,000円を足した金額は妥当だろうと考えたのです。

110,000円になると、新宿区や渋谷区でかなりグレードの高い分譲賃貸を借りることができるようになります。ところが、ある日物件を探していると、港区東麻布にある東京タワービューの物件を見つけてしまったのです。この物件の賃料が126,000円でした。手取りの四割です。

港区麻布で日々の生活に刺激を

結局、この物件に住むことになりませんでしたが、以来、手取りの四割が基準になってしまいました。もう2,000円あればみたいなこともありますが、この基準をRed Lineとして死守していくことにします。

126,000円だと、前職の時より23,000円可処分所得が減りますが、港区麻布に住んで今までのような退屈な日常を脱したいというのが現状です。とはいえ物件を探すのは困難を極め、たまに見つかる優良物件は即日埋まってしまいます。私は内見しないで部屋を決めることはできないので、いつも先を越されてしますのです。果たしてどうなることやら。