在宅勤務ならデュアルディスプレイで生産性の向上を

テレワークになって以降、生産性の向上を意識する人が増えてきたが、ことコンサルタントという職業は資料作成が多い。当然、何かしらの資料を参照しながら資料を作成するので、どうしたって画面が複数必要になる。だったらモニターを増やしてしまうのがおすすめだ。

私は会社から貸与されたPCに2台のモニターを接続、1枚を複製、1枚を拡張し、ノートパソコン本体は閉じている。ちなみに私用のMAcbook Airもセパレーターを使ってメインのモニターに接続し、これまた本体は閉じて使っている(詳細は後述)。

モニター2枚で40,000円、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスが各15,000円、その他ケーブルやハブ等で10,000円程度かかるので、合計約80,000円の出費になったが、生産性を向上すればいくらでも取り返すことができるのでぜひ。

2台のPC(WindowsとMacbook Air)を2台のモニターに出力する

上述の通り、私は2台のPCを2台のモニターに繋げている。図にすると上記のようになる。メインのモニターにはHDMIセパレーターを使って2台のPCを接続し、サブのモニターにはWindowsのみを接続している。いずれのパソコンも使用するときは閉じ、クラムシェルモードで使っている。

Macbookは2台の外付けモニターにそれぞれ違う画面を出力することができないので、メインのみに接続している。注意点としては、HDMIハブはPCからの出力がUSB Type-Cのものを使わないと、ミラーリングしかできなくなるので気をつけて頂きたい。例えば下記の商品がおすすめである。